よもやもダンプ

気が向いた時にアウトプットしておくところ

雑記#23

前はSIDで曲を作ったけど、今度はOPNAで曲を作った。
最近はAdlibTrackerでの曲でよく聞く、波形をあまり変調させない柔らかい感じの音が好みで、OPNAでも音色を使えないかと思っていたけど、OPL2、OPL3辺りは基本波形を正弦波以外から設定できるのが分かって、ただパラメータを移すだけじゃ無理で結局自力で再現するしかなさそうなので今回はパスした。
結局いつも自分が使うような音色になったけど、あまり耳にキーンと来るような音は使わないようにしたつもりにはした。
波形をじっくり見ながら音色づくりするのはまた今度。

OPNAはチャンネル数が他のチップチューンに使われる音源よりも多くて自由度が高い。SIDとかだと3音しかならせなくて、チャンネル構成もある程度固まった中でどう曲を作るかってアプローチで曲作りをしていて、まだ作りやすいかなって感じがするけど、OPNAだとチャンネル構成の縛りがないので先に曲のはっきりとしたイメージがないと上手く作れなくて難しい。
曲のイメージも今回はmodの雰囲気の曲を作りたかったけども、自分はもともと昔のPC98とかのゲーム音楽からFM音源を触った口なので、作っている最中からなんだかゲームっぽくなってしまった。
イメージが作っている途中でブレブレだとOPNAみたいなよりどりみどりな音源ではうまく作曲できず、自分の知識とセンスの無さを思い知った。

今回の曲はBambooTrackerを使っているけど、前までのPMDのMMLで作っていた時よりも作曲に対するフラストレーションは減った気がする。
GUIであるから直観的に音符打ち込み、マクロ編集ができるのが大きい。
特にSSGのマクロ編集は、MMLだと細かい指定をひたすらテキストに書いていくのに比べて、GUIだとマウスで変化の軌跡を描画するだけで済む。
やはりティック単位の指定はトラッカーの強みと改めて実感した。
ただ、PMDだとqコマンドにあたるゲートタイム指定がトラッカーだとなくて、ひたすら自力でノートオフを書くのは少し不便かな。
ゲートタイム指定は最初の公開前に一度実装しようとしてコードを書いていたけど、ステップサイズを超えるゲートタイム指定をしたときのノートオフのタイミング検出でテンポチェンジとの兼ね合いが難しくて諦めた。
あったら便利な機能なのでできれば実装したかったな。

雑記#22

1年ぶりにSIDで曲を作った。
久しぶりに曲を作ったので曲作りの感覚を完全に忘れてた。メロディとかなんとなくコードみたいな響きは頭の中に思い浮かぶんだけど、自分にそれを正確に譜面にアウトプットする能力が欠けているので、Dominoで試し打ちしたあと、あー違うと難度頭を抱えたか。理論とかが全くなくて感覚で作ってるからそういうことに陥りやすいのかな...

これまではSIDの作曲はGoatTrackerで作ってたけど、今回からはSID-Wizardで作っていくつもり。
Twitterで見ていてもモダンなトラッカーではないけどGoatTrackerよりも使いやすいって話を聞いてたし、もともとがC64用のプログラムなので将来自分がC64をゲットした時にもすんなり使えそうだったので切り替えた。
ここしばらくはBambooTracker、0CC-FamiTrackerを触っていたので、GoatTrackerに近いSID-Wizardのキーバインドを思い出すのに時間がかかったけど、赤帯さんの日本語マニュアルのおかげで長く立ち止まることはなかった。
あとは、昔自分が書いたGoatTrackerについての記事(これこれ)が役に立った。

SID-Wizard 1.5 Manual Japanese version | SID Media Lab

C64エミュレータのVICEで動かしてるので、キーボードがUS配列じゃなくて何個かのキーが行方不明になってるけど、基本の打ち込みにそこまで支障をきたさなかったのでそのままで使ってる。
変えれたら一番いいんだけども。

1曲書き終わった後に.sidとか.prgに書き出してみてテストしたりするときに、間違ってからのモジュールで上書きしてしまった。辛い。
たまたま数十秒前にエクスポートしていたので演奏データは残ったのが不幸中の幸い。
前にもGoatTrackerでやらかしたことがあったので、上書き確認が出てこないトラッカーを扱うときはもうちょっと注意しないといけない。

BibTeXのスタイル編集のメモ

論文を書いてるときに参考文献の見た目を変更したくなってBibTeXのスタイルファイル(bst)を修正しようとしたときに、詳しい情報を見つけ辛かったので、使えそうなサイトのリンクをここにメモしておく。

qiita.com

www.med.osaka-u.ac.jp

最初は何もなしの手探り状態でコードを変更してたから、動作がよく分からなかったけど、途中でポーランド記法なのに気が付いてから書けるようになってきた。
ポーランド記法でコード書くの初めてだ。

雑記#21

いよいよ曲を作ることになりそうだ。
最後に自作曲を作ったのが去年の5月のLotusなので、1年以上曲を作っていない。
LotusはBambooTracker用にOPNA版も作ったけど、これはアレンジなのでノーカウントとして、これだけ期間が空いてしまうと作り方ってのを忘れてしまって、本当に曲が作れるのかかなり不安になっている。
しかもここにきて2曲同時に作る感じになりそう。
過去最高は3曲同時だったからまだ何とかなるかもしれないけど、色々感覚を取り戻すのに時間をかけて締め切り直前でキツキツになるのが怖い。

1カ月くらい前に1曲アイディアを閃いたけど、打ち込まずに終わっていたので1つはそれを形にするとして、もう1曲をどうするか。
暫く曲を聴き漁ることもなかったのでもともと少ないアイディアが枯渇していて危険なので、YouTubeTwitterで色々聞きまわった方が良さそう。

Dim. Dreamを打ち込んだ

トラッカーを作ってばっかりで、曲を作ってないなと思い、久しぶりに打ち込みをしてみた。といっても、既存曲をBambooTrackerに打ち込んでいくだけなんだけど。
この前たまたま東方の曲をYouTubeで聞いたので、旧作はOPNAで作ってるし東方の曲を打ち込むことにした。東方は最近の曲は全然追えていないけど、中学の頃に曲を聴きまくっていて、旧作ももちろんその時に聞いていた。
あの頃はFM音源とかいうくくりは知らなかったけど、Maple dreamとか旧作の曲が好みだった。今回は個人的に一番好きだった夢時空のDim. Dreamを作ってみた。

作ってる途中でトラッカーのバグがいっぱい出てきた酷かった。PMDの内蔵SSGドラムはSSGEGを使っているけど、トラッカーでそれを再現した時にエンベロープがリセットされないバグがあった。他にもノートスライドエフェクトの待ちカウントが0の時の処理ができなくてエフェクト実行ルーチンを書き直したり、極めつけはドラムのマスターボリュームエフェクトの読み込み処理を間違って消していた。
あまりに演奏に悪影響が出るのですぐに修正版を出した。質の悪いアプリを出してしまいすみませんでした、反省します...

せっかく作ったし公開するかと思ったときに、東方だったらYouTubeに投稿した方がウケが良さそうな気がしたので動画を投稿してみた。
最後に投稿したのが2年前だったので動画投稿方法が変わっていて少し手こずった。

youtu.be

前にサンプル曲を作ってるときも思ったけど、実際自分がユーザーになって使ってみてバグが分かったり、あれこれが足りないとかが分かったりすることが多々あるので、たまには打ち込みをしよう。

雑記#20

今月は色々忙しくてトラッカー開発もそこまで進まなかった。 というか、時間はちょくちょくあったけど、開発の一区切りできたので少しやる気が落ちた感じがある。
今後の開発計画としては、各音源特有の特殊エフェクトを追加してADPCMを付けるつもりだったけど、いろんなところを見てみると、どうも先にADPCMをるけて欲しい雰囲気があったので、優先順位を変えようと思う。 ただ、ADPCMはこれまでPMDを触っていても使わなかったし、0CC-FamiTrackerやDeflemaskでも使ったことがなくて、尚且つエミュレータでも動作確認を行っていないので、実装までにはそこそこ時間がかかりそう。
今のところWindowsLinuxには対応しているので、ぼちぼちMac版を作ろうとしてるけど、ストリーミングがうまくいかなくて見合わせ中。Qtの仕様上画面描画とストリーミングを同じスレッドで実行してるっぽいのが原因か?ストリーミングだけ別のライブラリを使って処理するのがいいかもしれない。
あとトラッカーの使い方がreadmeに簡単に書いてるものしかなかったのでGithubWikiを作ってもっと詳しく書いた。文章化するのがしんどくて、一通り書き終わるのに半月かかった。そして書けたのは日本語ページだけで、多分使ってる人の大半が見ると思う英語ページを書かないといけないけど、そんな気力はなくて今はやめた。正直自分よりもっと英語ができる誰かに訳してほしい。

最近になって昔の友達と数年ぶりに会った。そのままノリで普段は行かないカラオケとかに行った。そこで自分がそんなに聴かないようなジャンルの曲とかを友達が歌っているのを聴いて、曲のアイディアが閃いたりした。これまであまり遊んだりつるんだりすることがなかったけど、一緒にやってるといろいろ刺激を受けるかもしれないのでもうちょっと遊びの頻度を上げてもいいかなと思う。

雑記#19

去年は何でもイエスと答えていて自分で自分を苦しめていた節があったので、新年度に入ってからはもう少し自分の出来る範囲でやってみるようセーブ気味で過ごしている。やっぱり無理は良くない。趣味の時間を犠牲にすると精神的にも余裕がなくなってくるのでうまく調節するのが大切。

春のM3は2週間前くらいになってからそろそろなのに気が付いて、色々交通手段を調べたりしたけど、ただでさえこの時期はゴールデンウィークで人がいっぱい+料金アップなのに、今年は10連休になってしまったので余計苦しくなって、今回は見送った。
秋行くか、と思いながら諦めてたけど、M3当日になってTwitterのタイムラインにM3の宣伝がいっぱい流れてきてるのを見てると、やっぱり行っときゃよかったかなぁ、と少し後悔。行ったらいろんな曲を聴いてモチベーションアップにもなるので、次のM3には参加したい。
これまでM3にはサークルのお手伝いとして参加してきていて、一般参加はしたことがない。開場前のあの長蛇の列を見てると自分には無理そうで、やっぱりサークル参加のほうがいいよなって感じ。コミケとかはもっとすごいんだろうけど。
自分も個人サークル立ち上げてブース出すのもいいかなと思ったりするんだけど、問題は自分がCDを出せるくらい曲を作れるか。これまで同時に3曲作ったことはあるけどCD1枚に3曲は少なすぎるし、どうしよう、作れる自信がない。
あと自分はお金を取ってCDを販売するよりも無料でいいからいろんな人に聞いてもらいたいスタンスなので、売るってことに少し躊躇している。CD焼くお金とかを回収するにはお金は要るから有料にするのもわかるけど。やるならBandcampみたいに投げ銭方式が自分に一番合ってるのかな。
正直CDじゃなくてデジタルデータのやり取りがいいと思っていたりするんだけども、M3では物を介して相手と実際に話せるってのが強みだから、やっぱりCDなのかな。
あ、今回は忙しかったからできなかったけどコンピとかの曲の募集とかには参加して曲出すのはぜひやりたいです。