よもやもダンプ

音楽、サッカー、プログラムなどをだらだらと。

UbuntuでCtrlとCaps Lockを入れ替える

この春からUbuntuを触ることになっていろいろ設定した時の、JISキーボードのCtrlとCaps Lockの入れ替えについてのメモ。

テキストで設定を記述する方法もあったけど、今回はgnome-tweak-toolを使って設定してみた。ラジオボタンをポチポチ押すだけでUbuntuの設定ができて便利なアプリ。

$ sudo apt install gnome-tweak-tool

インストールした後ターミナルから

$ gnome-tweak-tool

で起動して、「タイピング」メニューを選択。
「Ctrlキーの位置」を「CtrlとCaps Lockを入れ替える」にチェックすると簡単に入れ替わる。
ただ、このままだとShift+Caps Lockが有効なままになってる。Emacsキーバインドに慣れてしまった自分にはCtrl+Shift+###みたいな操作ができないのは辛い。
そこで「Caps Lockキーの動作」を「Make Caps Lock an additional Ctrl」に設定するとCtrlだけがCaps Lockに割り当てられる。

2つ目の設定の方は色々調べてもあまり書かれていなかったりしたので適当に設定をポチポチして当てた。gnome-tweak-toolは他にもコピー、切り取り、貼り付けなどのキーバインドEmacs風に設定出来たり色々便利。